【お役立ち情報】理想的な身体を作る骨盤矯正

一昔前と比較をして骨盤がゆがみやすい体質を今の若者を中心として姿勢の悪さや運動不足が多く見られ、作り上げてしまっているのです。
早めに骨盤矯正を骨盤の歪みやそれにともなう症状を自覚し始めたら、実践するようにしましょう。
そもそも骨盤というのは姿勢の悪さ、運動不足などといった理由で歪んでしまうことで、正常な位置をキープすることが出来なくなってしまうのです。
この骨盤の歪みがさらに発展してしまうと、便秘や不妊などといった様々な症状を引き起こしてしまうのです。
人にとって健康が最も大切なことですが、やはり健康だけではなく見た目の美しさも欠かすことの出来ないことでしょう。
今では非常に多くのエステでの美容方法が確立しており、簡単に美しさを実現することが出来るのです。 骨盤の歪みが原因となり、現代人というのは、思いもよらないような様々な症状が生じてくることがあります。
自宅でも骨盤矯正をすることが出来ますが、最近では多くのエステでも骨盤矯正メニューを取り入れています。

 



【お役立ち情報】理想的な身体を作る骨盤矯正ブログ:19-02-01

当たり前のことですが、
身体を動かすと腹がすきますよね?

でも、トレーニングをした直後に食事をすると、
減量の効果を減少させてしまう恐れがありますから
注意してくださいね!

というのも、
トレーニングをした直後の身体というのは、
エネルギーを大量に消費している状態です。

ですから
エネルギーを補給しようとして、食べ物などを欲するわけです。

トレーニングをすることによって、
確かに脂肪が燃焼するなどの
減量効果を期待することはできます。

しかし一方で
新たなエネルギー源を補給する形になりますから、
減量の効果が少なくなってしまうのです。

なので、トレーニングをした後しばらくの間は、
食事をすることは控えた方がいいでしょう。

むしろ、
トレーニングをした後に軽く身体を動かすことの方が、
より高い減量効果を期待することができます。

よくスポーツ選手は、
激しいトレーニングをした後に
軽めのランニングやウォーキングをしますよね。

「クールダウン」とも言いますが、
あのような軽めのトレーニングをすることが
減量には効果的なんです。

有酸素トレーニングをはじめとして、
長時間トレーニングを行うと、トレーニングをやめた後でも
しばらくは脂肪が燃焼している状態を維持することができます。

ですから、ただ歩いているだけでも、
通常と比べるとカロリーの消費効率は良くなっているはずです。

クールダウンをして、
ゆっくりと身体を冷やしていきましょう。
そしてしばらく安静にすることです。

食事については、トレーニングを終えてから
できることなら60分、
少なくても30分程度のインターバルを取ってから
食べるようにした方がいいでしょう。


このページの先頭へ戻る